ちょうせんかまきり (朝鮮蟷螂)

Tenodera angustipennis

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布してい
ます。平地から山地に生息し、体長は65〜90ミリになります。ふつ
うに「カマキリ」といえば本種のことをいいます。後翅の前縁部と中央
にならぶ暗褐色の短かい筋が特徴です。また前脚の基部には橙赤
色の斑があります。他の昆虫などをおもな餌にしています。写真は中
くらいの幼虫です。
カマキリ科テノデラ属の昆虫類で、学名は Tenodera angustipennis。
英名は Narrow-winged mantis。
大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年07月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp