ひめあかほしてんとう (姫赤星天道)

Chilocorus kuwanae

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、サハリンに分布していま
す。平地から山地に棲息し、体長は4〜5ミリになります。4月から
10月に出現します。全体に黒色で、両方の上翅に1対の小さな赤色
の斑があります。「リンゴ」や「ナシ」、「クワ」などに寄生するクワクロ
カイガラムシやクワカイガラムシを餌にしています。
テントウムシ科アカホシテントウ属の昆虫類で、学名は Chilocorus
kuwanae。英名はありません。
富山県立山町芦峅寺「立山・室堂平」にて、2006年07月11日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp