ひがしきりぎりす (東螽蟖) [Index] [Back]

Gampsocleis mikado

Gampsocleis mikado

Gampsocleis mikado

Gampsocleis mikado

Gampsocleis mikado

わが国の本州、青森県以南から岡山県に分布しています。草原や畑、河原、水田などに生息し、夏から秋にかけて見ることができます。成虫の頭から翅端までの長さはオス25〜36ミリ、メスが25〜37ミリあります。身体の色は、緑色あるいは褐色を基調としています。いろいろな植物の葉や、小昆虫の死骸などを餌にしています。「ギーッチョン、ギーッチョン」と昼間鳴きます。本州の近畿地方から九州にかけては、「にしきりぎりす(Gampsocleis buergeri)」が生息しています。
キリギリス科キリギリス属の昆虫類で、学名は Gampsocleis mikado。
英名は Eastern Japanese katydid。
[上・中1〜2] 千葉県香取市大角にて、2011年06月16日撮影。
[中3・下] 同上にて、2016年05月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp