ひつじ (羊) [Index] [Back]

Ovis aries

Ovis aries

Ovis aries

Ovis aries

ヨーロッパと南イランに分布する野生ひつじの「フムロン」などから家畜化されたと考えられています。家畜化されたのは起源前9000〜7000年ごろ。現在飼育されている「ひつじ」は、毛用、肉用、毛肉兼用種など約200品種あります。わが国でも多く飼育されているサフォーク種は肉用として飼育されています。
ウシ科ヒツジ属の哺乳類で、学名は Ovis aries。
英名は Demestic sheep。
[上・中1] 長野県東御市「信大付属大室農場」にて、
2010年07月24日撮影。
[中2・下] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、
2016年05月31日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp