フンボルトペンギン [Index] [Back]

Spheniscus humboldti

Spheniscus humboldti

Spheniscus humboldti

ペルーからチリ北部に分布しています。体長は68センチほどになり、顔にはオレンジ色の縞、胸には黒色の縞があります。海岸近くの穴や洞くつなどに巣をつくり、イワシやイカなどを餌にしています。
ペンギン科フンボルトペンギン属の鳥類で、学名は Spheniscus humboldti。英名は Humboldt penguin。
茨城県大洗町「アクアワールド」にて、2009年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp