ハンツマンぐも (ハンツマン蜘蛛)

sopeda villosa

sopeda villosa

オーストラリアの南東部に広く分布しています。市街地から林や森
林、湿地などに生息し、体長は2センチほどですが、脚が非常に長い
のが特徴です。体は扁平で、昼間身を潜めたり卵嚢を紡いだりする
緩んだ樹皮の下で生活するのに適合しています。ほとんど咬まれる
ことはありませんが、もし咬まれたとしても局所的な腫れと少しの痛
みだけです。「ムクゲアシダカグモ」という和名があるようです。
アシダカグモ科イソペダ属のクモ類で、学名は Isopeda villosa。
英名は Common Huntsman spider。
オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp