かぶとくらげ (兜水母) [Index] [Back]

Bolinopsis mikado

わが国の固有種で、各地の沿岸に分布しています。大きさは10センチくらいで、兜(かぶと)のような形をしています。からだはゼラチン質で、虹色に発光する8本の帯、櫛板(くしいた)があります。プランクトンを餌にしていて、夏から秋に多く見られます。
カブトクラゲ科カブトクラゲ属のクシクラゲ類で、学名は Bolinopsis mikado。英名は Mikado jellyfish。
茨城県大洗町「アクアワールド」にて、2009年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp