かのこばと (鹿子鳩)

Streptopelia chinensis

Streptopelia chinensis

Streptopelia chinensis

Streptopelia chinensis

インドからスリランカ、東南アジア、中国南部に分布しています。現在
ではアメリカやインドネシア北部、オーストラリア、ニュージーランドで
も帰化しています。熱帯から亜熱帯地方の明るい森の中に生息し、
体長は28〜32センチになります。背中や羽根、長い尾は淡褐色を
しています。そのほかの部分は淡灰色で、頚部の後ろに黒色と白色
の鹿子模様があるのが特徴です。植物の種子や穀物などをおもな
餌にしています。
ハト科キジバト属の鳥類で、学名は Streptopelia chinensis。
英名は Spotted dove, Spotted turtle dove。
[上・中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2008年10月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・下] 同上にて、2006年03月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp