かたつむり (蝸牛) [Index] [Back]

Land snail

Land snail

Land snail

Land snail

Land snail

Land snail

「かたつむり」は、陸上に生息する巻き貝の一般的呼称です。巻貝は一般に水中でえら呼吸をしますが、「かたつむり」は肺呼吸をします。山地の落ち葉などの下に住み、わが国には800種以上が存在します。外套膜から炭酸カルシウムを分泌して貝殻を形成し、外敵を防いだり体からの水分の蒸発を防ぐなどしています。
腹足綱有肺亜綱柄眼目に属する軟体動物で、英名は Land snail。
[上・中1] 茨城県神栖市太田にて、2008年07月08日撮影。
[中2] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 千葉県香取市大角にて、2011年05月25日撮影。
[中4] 同上にて、2011年08月01日撮影。
[下] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、2012年05月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp