きあげは (黄揚羽)

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

Papilio machaon hippocrates

わが国の各地に分布しています。アジアからヨーロッパ、北アメリカにも亜種が存在します。低地から高山帯まで広く生息し、前翅長は40〜60ミリになります。「なみあげは」に似ていますが、黄色みが強く、前翅のつけ根が黒ずんだ色彩で塗りつぶされているのが特徴です。4月から10月ごろに出現し、花の蜜を餌にしています。幼虫はセリ科の植物を食草にしています。
アゲハチョウ科アゲハチョウ属の昆虫類で、学名は Papilio machaon hippocrates。英名は Old world swallowtail。
[上・中1] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年07月27日撮影。
[中2・中3] 千葉県香取市大角にて、2010年08月17日撮影。
[中4] 同上にて、2010年08月18日撮影。
[中5] 同上にて、2010年08月31日撮影。
[中6] 同上にて、2012年09月18日撮影。
[中7・下] 同上にて、2012年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp