こきまだらせせり (小黄斑せせり)

Ochlodes venatus venatus

Ochlodes venatus venatus

わが国の北海道と本州に分布しています。北海道では低地にも見ら
れますが、本州では山地性のチョウで、翅長は20ミリほどです。オス
の翅は暗い橙黄色で、橙黄色の斑紋があります。メスの翅は暗褐色
です。6月から7月ごろに出現し、花の蜜を餌にしています。幼虫の
食草はススキやアブラススキなどです。
セセリチョウ科コキマダラセセリ属の昆虫類で、学名は Ochlodes
venatus venatus。英名はありません。
滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年07月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp