こくちょう (黒鳥) [Index] [Back]

Cygnus atratus

Cygnus atratus

Cygnus atratus

Cygnus atratus

Cygnus atratus

Cygnus atratus

Cygnus atratus

Cygnus atratus

オーストラリアの固有種です。水辺に近い場所に生息し、おもに水草などを餌にしています。成長になると全長は110〜140センチ、翼開長は2メートルになります。羽毛は全身が黒色で、初列から二列風切羽が白色です。また嘴は赤色で、先端に白色の斑点があります。湖の浅瀬や島などに草を積み上げた巣を作り、つがいは一生の間、継続します。
カモ科ハクチョウ属の鳥類で、学名は Cygnus atratus。
英名は Black swan。
[上・中1〜4] 茨城県茨城町「涸沼」にて、2010年01月23日撮影。
[中5] 茨城県水戸市常磐町にて、2009年03月01日撮影。
[中6] 同上にて、2010年01月24日撮影。
[下] 茨城県水戸市千波町にて、2010年01月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp