めすあかもんきあげは (雌赤紋黄揚羽) [Index] [Back]

Papilio aegeus aegeus

Papilio aegeus aegeus

Papilio aegeus aegeus

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、サウスオーストラリア州に分布しています。都市や林、森などに棲み、翅長は11センチほどになります。翅は黒色と白色のまだら模様で、シドニー郊外では10月から5月にふつうに見られます。翅の裏面には、目立った色がついています。幼虫は柑橘系の葉を餌としていて、若齢のころは鳥の糞に似ています。大きくなると棘状突起と、悪臭のでる赤い臭角がつきます。
アゲハチョウ科アゲハチョウ属の昆虫類で、学名は Papilio aegeus aegeus。英名は Orchard butterfly, Orchard or Citrus swallowtail butterfly。
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2007年03月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中・下] 同上にて、2007年03月19日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp