ミュールじか (ミュール鹿) [Index] [Back]

Odocoileus hemionus

Odocoileus hemionus

Odocoileus hemionus

Odocoileus hemionus

Odocoileus hemionus

北アメリカの西部に広く分布しています。草原や山地に生息し、成長すると肩高1メートル、体長2メートルほどになります。名前は、耳がラバ(ミュール)のそれに似ていることから。草や果実、樹木の実、潅木の枝などを餌にしています。
シカ科オジロジカ属の哺乳類で、学名は Odocoileus hemionus。英名は Mule deer。
[上] アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、2008年08月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・コロラド州「ロッキー山脈国立公園」にて、2017年08月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・コロラド州「モレーンパーク」にて、2017年08月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp