ムーアかべやもり (ムーア壁守宮) [Index] [Back]

Tarentola mauritanica

Tarentola mauritanica

Tarentola mauritanica

Tarentola mauritanica

Tarentola mauritanica

ヨーロッパや北アフリカの地中海西部が原産です。北アメリカやアジアなどに、広く導入されています。主に暖かい沿海地の都市部で見ることができます。ごつごつした風貌で、体長は15センチ以上になります。表皮は褐灰色や褐色で、濃淡の斑があります。夜行性または薄明活動型ですが、日中に行動することもあります。おもに昆虫類を餌にしています。
ヤモリ科タレントラ属の爬虫類で、学名は Tarentola mauritanica。
英名は Moorish wall gecko、Common wall gecko。
[上・中1] スペイン・バレンシア県プソルにて、2010年05月12日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中2] 同上にて、2010年10月31日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・下] 同上にて、2011年02月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp