ながこがねぐも (長黄金蜘蛛)

Argiope bruennichii

Argiope bruennichii

Argiope bruennichii

Argiope bruennichii

Argiope bruennichii

Argiope bruennichii

わが国の各地に分布しています。草原や雑木林に生息し、8月から11月ごろに出現します。体長は8〜25ミリになり、腹部には黄色と黒色の細かい縞模様があります。網は円形で垂直につくられ、中心部付近には上下に隠れ帯があります。他の昆虫を餌にしていますが、危険を感じると激しく網を揺さぶる習性があります。
コガネグモ科コガネグモ属のクモ類で、学名は Argiope bruennichii。
英名はありません。
[上] 岐阜県郡上市高鷲町「ひるがの湿原植物園」にて、
2007年09月07日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年07月15日撮影。
[中2・中3] 岐阜県中津川市神坂にて、2007年09月06日撮影。
[中4] 千葉県香取市大角にて、2010年08月19日撮影。
[下] 同上にて、2012年08月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp