ななほしてんとう (七星天道)

Coccinella septempunctata

Coccinella septempunctata

わが国の各地をはじめ、アジアからヨーロッパ、アフリカ北部に広く分
布しています。平地や山地、河原などにふつうに生息し、体長は8ミ
リほどになります。上翅は橙色で7個の黒い斑紋があります。成虫、
幼虫ともにアブラムシやハダニを餌にしていますが、暖地ではアブラ
ムシ類が減少する夏に休眠するそうです。驚くと足の節から橙色の
汁を出します。
テントウムシ科コッキネラ属の甲虫類で、学名は Coccinella
septempunctata。英名は Seven-spotted lady beetle。
[上] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年03月28日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp