おながくろむくどりもどき (尾長黒椋鳥擬き)

Quiscalus mexicanus

もともとは中央アメリカから南アメリカに分布していました。現在では
人間による環境変化によって、アメリカのオレゴン州からアーカンソ
ー州あたりまで分布するようになっています。小さな森や茂み、農
場、都市の公園などさまざまなところに生息し、体長はオスが45セン
チ、メスは35センチほどになります。オスは光沢のある濃紺色で長
い尾をもち、眼は金色です。メスは茶褐色で尾はオスより短く、眼は
汚白色をしています。昆虫やトカゲ、カエル、魚などを餌にしていま
す。
ムクドリモドキ科クイスカルス属の鳥類で、学名は Quiscalus
mexicanus。英名は Great-tailed grackle。
アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年03月04日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp