らいちょう (雷鳥) [Index] [Back]

Lagopus mutus

Lagopus mutus

Lagopus mutus

ユーラシア大陸やアメリカ大陸北部のツンドラ地帯に広く分布し、またアルプスやピレネー山脈、わが国の中部山岳地帯にも存在しています。氷河期の遺存種でもあり、日本アルプスや火打山などの高山帯に生息します。全長は37センチほどで、冬は白色、夏になると換羽してオスは黒褐色、メスは茶褐色の羽色になります。植物の葉や花、果実、昆虫やヒメミミズなどを餌としています。ヒナは7月から8月ごろに産まれ、夏のあいだは、母鳥とともに高山帯のお花畑で採食します。
ライチョウ科ライチョウ属の鳥類で、学名は Lagopus mutus。
英名は Rock ptarmigan。
岐阜県高山市丹生川町「乗鞍岳」にて、2007年07月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp