さばくとびばった (砂漠飛蝗) [Index] [Back]

Schistocerca gregaria

Schistocerca gregaria

Schistocerca gregaria

Schistocerca gregaria

ふつうサハラ砂漠からアラビア半島、インド北部に分布しています。時々大発生し、過去何世紀もの間、アフリカや中東、アジアなどの農業に被害を与え続けています。体長はオスで40〜50ミリ、メスは50〜60ミリです。前翅は半透明で多数の斑点があり、後翅はほぼ透明で斑点がありません。体色は、成熟するとオスはくすんだ黄色、メスは明るい黄色になります。
バッタ科スキストケルカ属の昆虫で、学名は Schistocerca gregaria。
英名は Desert locust。
[上・中1] スペイン・バレンシア県プソルにて、2010年05月13日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中2・下] 同上にて、2010年09月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp