せいようみつばち (西洋蜜蜂)

Apis mellifera

Apis mellifera

ヨーロッパからアフリカに分布しています。わが国へは明治時代のは
じめに養蜂用に導入され、今では各地に帰化しています。ふつうに見
られるミツバチです。農地の周辺などに生息し、はたらきバチの体長
は13ミリ、女王バチは17ミリほどになります。「ニホンミツバチ」に似
ていますが、蜜や花粉を集める能力が高く、胸部に近い腹部が黄色
いのが特徴です。3月から11月ごろに出現し、樹木のうろなどに巣
をつくります。
ミツバチ科ミツバチ属の昆虫類で、学名は Apis mellifera。
英名は Honey bee。
[上] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年05月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2006年04月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp