しろちょうざめ (白蝶鮫) [Index] [Back]

Acipenser transmontanus

Acipenser transmontanus

Acipenser transmontanus

Acipenser transmontanus

北アメリカの西部の河川に生息しています。体長は4メートルほどになり、体色は幼魚のうちは黒色、成長するにつれて白っぽくなり、ベージュ色になります。名前は、そのウロコが「ちょう」の翅に見えることから。また卵は、世界三大珍味「キャビア」として珍重されています。
チョウザメ科チョウザメ属の魚類で、学名は Acipenser transmontanus。英名は White sturgeon。
[上・中1] アメリカ・オレゴン州「ボンネビル孵化場」にて、
2013年06月17日撮影。
[中2・下] 同上にて、2013年06月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp