しろとき (白朱鷺) [Index] [Back]

Eudocimus albus

北アメリカ南部から南アメリカ北部にかけて分布しています。海岸や川岸のマングローブ林に生息し、群れで生活します。体長は60〜70センチで、全体が白色で、初裂風切羽の外側だけが黒色です。嘴から顔にかけてと、脚は赤色です。甲殻類やカエル、魚類、昆虫類などの小動物を餌にしています。集団繁殖地(コロニー)を形成して繁殖、オスが巣材を集め、メスが水辺の樹上などに巣を作ります。 
トキ科シロトキ属の鳥類で、学名は Eudocimus albus。
英名は American white ibis。 
アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp