テキサスロングホーン

Bos taurus

家畜として飼育されているウシの一品種です。16世紀にスペイン人
によって、メキシコを経由してテキサス州やカリフォルニア州に導入さ
れました。南北戦争後、飼育頭数が飛躍的に伸びたため、人口の多
いアメリカ東北部に向けて移送されることになりました。あの「ローハ
イド」の時代です。近年、純粋種の減少が続いたため、1964年には
テキサスロングホーン飼育者協会(Texas Longhorn Breeders
Association of America)が設立され、旧西部のシンボルを遺そうとする
努力が始まっています。
ウシ科ウシ属の哺乳類で、学名は Bos taurus。
英名は Texas longhorn。
アメリカ・テキサス州フォートワース市にて、2000年09月16日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp