つまぐろひょうもん (褄黒豹紋)

Argyreus hyperbius

Argyreus hyperbius

Argyreus hyperbius

わが国の本州から四国・九州それに朝鮮半島や中国、インド、ニューギニア、オーストラリアなどに分布しています。野原や公園などに広く生息し、4月から11月ごろに出現します。オレンジ色の地に褐色の斑点があり、後翅の縁が黒くなります。前翅長は27〜38ミリです。幼虫は黒色にオレンジ色の縞模様で、全身に棘状の突起があり、スミレ科の植物を食草としています。写真上はオスで、「さわあざみ」を吸蜜しています。 
タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属のチョウ類で、学名は Argyreus hyperbius。英名は Indian fritillary。 
[上] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。
[中・下] 沖縄県那覇市国際通りにて、2016年06月18日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp