うし (牛)

Bos taurus

Bos taurus

Bos taurus

Bos taurus

家畜化されたウシ属の総称です。新石器時代のはじめに西アジアで家畜化が始まったと考えられています。偶数の蹄(ひづめ)があり、4個に分かれた胃で草などを反芻します。写真上は黒毛和種。明治時代に在来の和牛と多くの外国種との交雑によって作出された役肉兼用種です。体重はオスが900キログラム、メスで500キログラム以上になり、現在では肉専用種となっています。写真中1・中2はスイスブラウン種、下はハイランド種。 
ウシ科ウシ属の哺乳類で、学名は Bos taurus。
英名は Cattle。 
[上] 長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、
2006年08月01日撮影。
[中1・中2] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、
2016年05月31日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp