アビウ [Index] [Back]

Pouteria caimito

Pouteria caimito

南アメリカのアマゾン川流域が原産です。湿潤な地域に生え、高さは10〜35メートルになります。葉は長楕円形から楕円形で、長い葉柄があります。花は白色から緑色を帯び、朝に開いて2日ほど咲き続けます。果実は円形から卵形で、黄色をしています。果肉は半透明の白色で、甘くてゼリーのような食感があります。十分に熟した果実はそのまま食べられるか、シャーベットやアイスクリームのなかに入れられます。
アカテツ科アカテツ属の常緑高木で、学名は Pouteria caimito。
英名は Abiu。
Abiu (Pouteria caimito) belongs to Sapotaceae (Sapote famil). It is an evergreen tall tree that is native to the Amazonian region of South America. This tree occurs in humid region and can reach 10-35 m in height. The leaves are oblong to elliptic with long petioles. The flowers are white to greenish, open in the morning and can stay open for about two days. The fruits are round to ovate and a yellow color. They have white translucent, sweet, and of jelly-like fleshes. When fully ripe, it is eaten out of hand or used in sherbets and ice cream.
愛知県守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp