アブチロン・ヒブリドゥム

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

Abutilon x hybridum

ブラジル原産のダルウィニ種(Abutilon darwinii)とピクツム種(Abutilon pictum)との種間交雑種です。高さは2メートルほどになります。葉は裂けないものや3〜5裂したものがあり、緑色または斑入りです。6月から10月ごろ、葉腋からランタンのような花を咲かせます。園芸品種が多く、花色も豊富です。 
アオイ科イチビ属の常緑低木で、学名は Abutilon x hybridum。
英名は Chinese lantern。 
The Chinese lantern (Abutilon x hybridum) belongs to the Malvaceae (the Mallow family). It is a small evergreen shrub created by hybridizing Abutilon darwinii and Abutilon pictum, both native to Brazil. This shrub can reach about 2 m in height. Leaves are variable, from entire to 3-5 lobed, green or variegated. Lantern-shaped flowers bloom on axiles from June to October. There are many cultivars and many flower colors. (edit by Greg Brockelbank) 
[上・中2〜3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中1] 同上にて、2005年07月27日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」
にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年11月08日撮影。
[中6] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜中9] 静岡県富士宮市「富士花鳥園」にて、
2015年10月31日撮影。
[中10] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11・下] 同上にて、2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp