あぶらな (油菜)

Brassica campestris

Brassica campestris

スカンジナビア半島からシベリア、コーカサス地方が原産地だといわ
れています。東アジアでも古くから栽培され、「ざいらいなたね(在来
菜種)」と呼ばれます。茎は軟らかく、葉とともに食用にもされ、種子
からは食用油が採れます。葉は奇数羽状複葉で、裂片は6対前後つ
きます。早春に、鮮やかな黄色い花を咲かせます。無毛種(早生菜)
や有毛種(四月菜)、切れ込みのない全縁種(田舎種)などがありま
す。写真は、無毛種(早生菜)。
アブラナ科アブラナ属の一年草で、学名は Brassica campestris。
英名は Wild turnip。
Wild turnip belongs to Brassiaceae (the Mustard family). It is an annual
herb that is probably native to Scandinavian Peninsula to Siberia and
Caucasia. This herb has been cultivated from the ancient days in East Asia.
The leaaves are soft and edible. An edible oil is obtained from the seeds.
The leaves are impari-pinnate with about six pairs of lobes. The bright
yellow flowers comes in early spring. There are some varieties; the
glabrous variety (early variety), the hairy variety (late variety), the entire
margin variety, and so on.
[上] 千葉県香取市大角にて、2010年11月06日撮影。
[下] 同上にて、2011年12月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp