あぶらすすき (油薄)

Eccoilopus cotulifer

Eccoilopus cotulifer

Eccoilopus cotulifer

わが国の各地をはじめ朝鮮半島南部や中国、インドに分布していま
す。丘陵や山地の林縁などに生え、高さは90〜120センチになりま
す。茎はやや太い円柱形で叢生して直立します。葉は線状披針形で
す。8月から10月ごろ、茎頂に円錐花序をだし、まばらに小枝を輪
生状につけて垂れます。茎や枝には油に似た光沢があります。
イネ科アブラススキ属の多年草で、学名は Eccoilopus cotulifer。
英名はありません。
大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、2005年09月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp