アカエナ・ミクロフィラ [Index] [Back]

Acaena microphylla

Acaena microphylla

ニュージーランド原産の根茎のある多年草です。高山帯の山地に生え、高さは5〜10センチになります。茎はマット状に生え、長さは25センチ以下です。葉は奇数羽状複葉で、9〜15個の円形の小葉があります。小葉は5〜7個で鈍頭の鋸歯があり、表面は緑色から銅色、光沢があります。裏面は帯白色で疎らな毛が生えます。冬の穏やかな地方では常緑です。6月から8月、頭状花序に花弁のない花を咲かせます。花は最初、緑色がかっていて、成熟すると赤銅色のイガになります。グランドカバーとして利用されます。 
バラ科アカエナ属の多年草で、学名は Acaena microphylla。英名は Bronze New Zealand burr。 
Bronze New Zealand burr (Acaena microphylla) belongs to the Rosaceae(the Rose family). It is a rhizomatous根茎の perennial herb that is native to New Zealand. This herb grows in alpine mountains, and up to a height of 5-10 cm. The stems are mat-forming, equal to or less than 25 cm long. The leaves are impari-pinnate with 9-15, orbicular leaflets. The leaflets are 5-7 obtuse鈍頭の serrated, green or bronze and shining on upper surface, glaucescent帯白色の and sparsely hairy on lower surface. Evergreen in mild winter regions. The apetalous花弁のない flowers bloom in capitulum from June to August. They are greenish at first and mature into copper-red burrs. This plant is used as a ground cover. 
イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp