アカシア・サリグナ [Index] [Back]

Acacia saligna

Acacia saligna

Acacia saligna

西オーストラリア州が原産です。東部のニューサウスウェールズ州でも海岸沿いや南部の島嶼地域には帰化しています。成長が早く、高さは2〜8メートルになります。偽葉は倒披針形で、長さは7〜30センチです。7月から9月ごろ、球形の頭花をつけ、25〜55個の小さな鮮黄色の花を咲かせます。果実は豆果で、5〜14センチの長さです。
ネムノキ科アカシア属の常緑低木で、学名は Acacia saligna。
英名は Golden wreath。
Golden wreath (Acacia saligna) belongs to Mimosaceae (the Mimosa family). It is a small evergreen tree that is native to Western Australia. This tree is naturalized along parts of the coast and southern inland areas of New South Wales. It grows rapidly and can reach 2-8 m in height. The phyllodes are oblanceolate and 7-30 cm long. The globose flower heads produce 25-55 small bright yellow flowers from July to September. The fruits are pods 5-14 cm long. (edit by Greg Brockelbank)
オーストラリア・シドニー市「パームビーチ」にて、
2008年08月30日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp