アカントケレウス・テトラゴヌス

Acanthocereus tetragonus

Acanthocereus tetragonus

アメリカ・テキサス州南部から南アメリカ・ベネズエラにかけての大西
洋岸に分布しています。ふつうは地面を這い、ときに柱状や潅木状
になります。茎には3〜5稜があり、長さは6メートルほどになります。
棘座には、濃灰色の中棘が1個以上と6〜8個の縁棘があります。
夏の終わりの夜に、淡緑色の花を咲かせます。果実は楕円形の液
果で、赤く熟して食べられます。カリブ海地域では、果実として広く栽
培されています。
サボテン科アカントケレウス属のサボテン類で、学名は
Acanthocereus tetragonus(syn. Acanthocereus pentagonus)。
英名は Barbed-wire cereus。
The barbed-wire cereus (Acanthocereus tetragonus) belongs to Cactaceae
(the Cactus family). It is an evergreen perennial herbaceous plant that is
distributed along the Atlantic coast, from southern Texas to Venezuela.
This cactus generally creeps along the ground, but occasionally
it is columnar or shrubby. Stems are up to 6 m long with 3-5 ribs. Spines
are dark gray, with one or more central spines and 6-8 radial spines born
on the areoles. Flowers are light green and bloom at night in late summer.
Fruits are oblong berries, which ripen red and are edible. The barbed-wire
cereus is cultivated widely around the Caribbean. (edit by Greg
Brockelbank)
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp