アカシア・ウェスティータ

Acacia vestita

Acacia vestita

Acacia vestita

Acacia vestita

Acacia vestita

Acacia vestita

オーストラリアの東部、ニューサウスウェールズ州の西部の斜面と
南部の台地に分布しています。潅木状になり、高さは3メートルほど
です。枝は項垂れ、卵状披針形で灰緑色の仮葉(phyllode、葉身が退
化し葉柄が葉化したもの)がつきます。仮葉や小枝は、ごく短い毛に
被われます。8月から10月ごろ、緩やかな総状花序をだし、鮮黄色
の花を咲かせます。
ネムノキ科アカシア属の常緑低木で、学名は Acacia vestita。
英名は Hairy wattle, Weeping boree。
Hairy wattle (Acacia vestita) belongs to Mimosaceae (the Mimosa family).
It is a small evergreen tree that is native to the western slopes and southern
plateau of New South Wales, Australia. This tree is shrubby and can reach
about 3 m in height. The branches are drooping with grayish green and
ovate-lanceolate phyllodes. The phyllodes and twigs are covered with short
hairs. Bright yellow flowers bloom on loose racemes in August to October.
(edit by Greg Brockelbank)
[上・中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2007年05月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] オーストラリア・シドニー市「カンバーランド州有林」にて、
2006年07月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2006年07月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・下] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年06月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp