アカリファ・ウィルケシアナ

Acalypha wilkesiana cv. Godseffiana

Acalypha wilkesiana cv. Marginata

Acalypha wilkesiana cv.

Acalypha wilkesiana cv.

Acalypha wilkesiana cv. Hoffmanii

Acalypha wilkesiana cv.

Acalypha wilkesiana cv. Java White

南太平洋メラネシアのフィジー諸島やニューブリテン島が原産です。
高さは3〜4.5メートルほどになり、楕円形の大きな葉は赤銅色を
帯びます。そのため英名では「銅の葉(Copper leaf)」と呼ばれます。
非常に変異が多く、代表的なものには園芸品種名がつけられていま
す。写真上は、葉が捻れて黄白色の覆輪が入る「ゴッドセフィアナ
(cv. Godseffiana)」、写真中1は桃白色の覆輪が入る「マルギナタ(cv.
Marginata)」、中4は「ホフマンニイ(cv. Hoffmanii)」、写真下は「ジャワ
ホワイト(cv. Java White)」。
トウダイグサ科エノキグサ属の常緑小低木で、学名は Acalypha
wilkesiana。英名は Copperleaf, Jacob's coat。
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年09月14日撮影。
[中3・中4] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年08月11日撮影。
[中5・下] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp