アクリス・トリフィラ [Index] [Back]

Achlys triphylla

Achlys triphylla

Achlys triphylla

Achlys triphylla

北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州南部から、ワシントン州、オレゴン州それにカリフォルニア州北部に分布しています。荒れていない深山や川岸に沿った空き地などに生え、高さは20〜40センチになります。葉は掌状に3裂し、長い葉柄があります。花は5月から6月に咲きますが、それは小さて花弁と萼片が欠落し、その代わり長い目立つ白色の雄しべがあり、一本の真っ直ぐな穂状花序を形成しています。果実は赤紫色の袋果です。アメリカの先住民の人々は、この葉を結核の民間薬や洗髪用、吐剤などに利用していました。
メギ科ナンブソウ属の多年草で、学名は Achlys triphylla。
英名は Vanilla leaf、Deer foot。
Vanilla leaf (Achlys triphylla) belongs to the family Berberidaceae (the Berberry family). It is perennial herb that is native to western North America, from southern British Colombia, Washington, Oregon, and northern California. This herb grows in deep undisturbed forest or in the open along stream banks, and it can reach 20-40 cm in height. The leaves are palmately divided into three leaflets with long petioles. The flowers are small and lack sepals and petals, but instead have long showy white stamens that form single erect spikes, and bloom in May to June. The fruits are red-purple follicles. Native Americans used the leaves as a herbal medicine of tuberculosis, for a hair wash, and as an emetic.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp