アクレイサンテス・ロンギフローラ [Index] [Back]

Acleisanthes longiflora

Acleisanthes longiflora

北アメリカの南西部に分布しています。砂漠や草原、潅木地帯、森林などに生え、高さは1メートルほどになります。茎は不規則に広がり、多数に分枝します。葉は灰緑色で、披針形から線状披針形、葉縁は波状または縮んでいます。2月から11月ごろ、トランペットに似た白色の筒状花を咲かせます。その筒部の長さは7〜17センチあります。
オシロイバナ科アクレイサンテス属の多年草で、学名は Acleisanthes longiflora。英名は Angel trumpets。
Angel trumpets (Acleisanthes longiflora) belongs to Nyctaginaceae (the Four-o-clock family). It is a perennial herb that is native to southwestern North America. This herb grows in deserts, grasslands, shrublands or woodlands, and can reach about 1 m in height. The stems are sprawling, profusely branched. The leaves are grayish green, lanceolate to linear-lanceolate with undulate or crispate edges. The trumpet-like, white, tubular flowers bloom from February to November. Their tubes measure 7-17 cm long.
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2012年11月02日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp