あだん (阿檀)

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

Pandanus odoratissimus

わが国の奄美大島から沖縄、それに台湾や太平洋諸島に広く分布しています。高さは3〜6メートルになり、太い気根を出します。葉は線状披針形でかたい革質、葉の縁と裏面主脈上に棘があります。夏、枝先の肉穂花序に花を咲かせます。果実は黄赤色に熟し、食べることができます。「やしがに」の好物とのことです。
タコノキ科タコノキ属の常緑小高木で、学名は Pandanus odoratissimus。英名は Screw pine。
Screw pine belongs to the family Pandanaceae (the Screwpine family). It is a semi-tall evergreen tree that is distributed widely to the Amami and the Okinawa Islands of Japan, as well as Taiwan and the Pacific Islands. This tree can reach 3-6 m in height, and it has also thick aerial roots. Leaves are linear-lanceolate, hard leathery with spines on the edges and backside veines. Small flowers on the terminal spadix come in summer. Fruits ripen yellow-red and edible. Coconut crabs have a good stomack for these fruits.
[上・中1〜2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年03月19日撮影。
[中3] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[中4・中5] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2011年05月05日撮影。
[中6・中7] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2012年12月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp