アデノスチレス・アリアリアエ

Adenostyles alliariae

Adenostyles alliariae

Adenostyles alliariae

Adenostyles alliariae

Adenostyles alliariae

Adenostyles alliariae

Adenostyles alliariae

ヨーロッパのアルプスに分布しています。亜高山帯の日当たりのよ
い草地や斜面などに生え、高さは60〜150センチになります。根生
葉は大きな腎形で、縁には鋸歯があります。7月から9月ごろ、花茎
を伸ばして散房花序をだし、くすんだ赤紫色の花を咲かせます、アル
カロイドを含むため、肺疾患の民間薬として使われるそうです。
キク科アデノスチレス属の多年草で、学名は Adenostyles alliariae。
英名は Common adenostyles。
Common adenostyles (Adenostyles alliariae) belongs to Asteraceae (the
Aster family). It is a perennial herb that is native to the Alps. This herb
grows in subalpine grasslands or on slopes and can reach 60-150 cm in
height. The basal leaves are large and reniform with toothed edges. The
corymbs are borne on the flowering stalks and produce dull magenta
flowers from July to September. The plant contains an alkaloid and is used
as a herbal medicine for lung disease. (edit by Greg Brockelbank)
[上・中1] スイス・ベルン州・ラウターブルンネンにて、
2002年07月20日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] スイス・ベルン州・ミューレンにて、2007年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中4・下] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 同上にて、2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp