アデニウム・オベスム

Adenium obesum

Adenium obesum

Adenium obesum

Adenium obesum

Adenium obesum

Adenium obesum

Adenium obesum

Adenium obesum

東アフリカのケニア・タンザニアからジンバブエに分布しています。乾燥した土地に生え、高さは1.5〜2メートルになります。茎が肥大した多肉植物で、多くの短い枝を出します。葉は楕円形で、枝先にかたまってつきます。英名では「デザートローズ」と呼ばれますが、名前のとおり鮮やかなバラ色の花を咲かせます。 
キョウチクトウ科アデニウム属の常緑低木で、学名は Adenium obesum。英名は Desert rose。 
The desert rose (Adenium obesum) belongs to Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small evergreen tree that is distributed from Kenya and Tanzania to Zimbabwe in eastern Africa. This tree grows in arid areas and can reach 1.5-2 m in height. This tree is a succulent plant and the swollen stems have many short branches. The leaves are elliptic and clustered on the terminal branches. The flowers bloom a bright-rose color. (edit by Greg Brockelbank) 
[上・中1] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月21日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中3・中4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。
[中5] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中6・下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp