アドロミスクス・マンミラリス [Index] [Back]

Adromischus mammillaris

Adromischus mammillaris

南アフリカの西ケープ州が原産です。日当たりの良い岩場に生えて、ごちゃごちゃした茂みをつくり、高さは15〜50センチになります。葉は紡錘形で明るい緑色、長さは4センチになります。長い花序にピンク色がかった白色の花を咲かせます。 
ベンケイソウ科アドロミスクス属の多年草で、学名は Adromischus mammillaris。英名はありません。 
Adromischus mammillaris belongs to the Crassulaceae (the Orpine family). It is a succulent perennial herb that is native to South Africa, Western Cape Province. This herb grows in sunny rocky places, forms close clumps and up to 15-50 cm in height. The leaves are spindle-shaped, bright green in color and up to 4 cm long. The pinkish-white flowers bloom in the long inflorescences. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp