エクメア・カウダータ [Index] [Back]

Aechmea caudata

Aechmea caudata

ブラジルの南部に分布しています。標高200メートルあたりの明るい草地の樹上に生え、高さは120センチほどになります。葉は堅く、緑色で曲がり、長さは75センチになります。長い穂状花序に、橙赤色から薄い紫桃色の苞に包まれた黄色い花を咲かせます。
パイナップル科エクメア属の常緑多年草で、学名は Aechmea caudata。英名はありません。
Aechmea caudata belongs to the Bromeliacea (the Pine apple family). It is an evergreen perennial herb that is native to southern Brazil. This herb grows on trees in open pastures at 200 m elevation, and can reach about 120 cm in height. The leaves are stiff, curving green and up to 75 cm in length. The yellow flowers with orange-red to lilac-pink bracts bloom on the long spikes.
イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、2008年03月03日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp