エクメア・カンティニイ

Aechmea chantinii

Aechmea chantinii

ベネズエラからペルーのアマゾン川流域が原産です。ロゼットを形成
して、高さは60〜120センチになります。葉は筒状でピンクがかった
灰色の横縞模様があります。枝分かれした花序に黄色く縁取られた
橙色の花苞、そして花序の下部には赤橙色の数個の苞葉をつけま
す。
パイナップル科エクメア属の常緑多年草で、学名は Aechmea
chantinii。英名は Amazonian zebra plant。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年09月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp