エスキナンサス

Aeschynanthus cv. Mona

Aeschynanthus cv. Red Cascade

Aeschynanthus cv. Holiday Bells

Aeschynanthus cv. Crimson Bell

Aeschynanthus cv.

Aeschynanthus cv.

エスキナンサスの仲間は熱帯アジアに100種ほどが分布していま
す。蔓性で、卵形から長楕円形の葉が対生または輪生します。茎頂
または葉腋に、さまざまな筒状花を咲かせます。品種改良が進み、
多くの園芸品種が作出されています。横に広がる性質があるので、
吊り鉢仕立てに適しています。
写真上は「モナ(cv. Mona)」
中1は「レッドカスケード(cv. Red Cascade)」
中2は「ホリデイベルズ(cv. Holiday Bells)」
中3は「クリムソンベル(cv. Crimson Bell)」。
イワタバコ科エスキナンサス属の常緑小低木で、学名は
Aeschynanthus(属の総称)。英名は Lipstick plant。
Lipstick plants (Aeschynanthus) belong to Gesneriaceae (the African violet
family). This genus consists of about 100 species of evergreen plants that
are distributed in tropical Asia. They are woody vines and the leaves are
ovate to oblong, opposite or whorled. They have various ways of
blooming, such as by tubular flowers in the axiles or on terminal branches.
Many cultivars have been bred. (edit by Greg Brockelbank)
[上] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、
2005年01月20日撮影。
[中1] 同上にて、2006年12月05日撮影。
[中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年08月22日撮影。
[中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。
[中4・下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp