エスキナンサス・ラディカンス

Aeschynanthus radicans

Aeschynanthus radicans

Aeschynanthus radicans

マレー諸島やジャワ島が原産です。葉は楕円形で対生し、多肉質で
す。細くて硬い茎は垂れ下がって、その先に多数の花を咲かせま
す。花は赤紅色の筒状で、濃紫色の萼筒から突き出すように咲きま
す。
イワタバコ科エスキナンサス属の常緑小低木で、学名は
Aeschynanthus radicans。英名はありません。
Aeschynanthus radicans belongs to Gesneriaceae (the African violet family).
It is an evergreen shrub that is native to the Malay Islands and Java. The
leaves are elliptic, alternate, and succulent. The branches are slender,
hardy, and drooping. Many flowers appear on the terminal branches. The
tubular flowers are rose pink with dark purple hypanthiums. (edit by Greg
Brockelbank)
[上・中] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。
[下] 愛知県豊橋市「豊橋総合動植物公園」にて、
2002年03月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp