エスキナンサス・トリコロル

Aeschynanthus tricolor

Aeschynanthus tricolor

Aeschynanthus tricolor

マレー半島からスマトラ・サラワク島に分布しています。樹木や岩に着生し、長い枝を下垂させます。卵形の葉は革質で対生します。一年を通じて、葉腋や枝先に小さな赤色の唇形花を咲かせます。
イワタバコ科エスキナンサス属の常緑小低木で、学名は Aeschynanthus tricolor。英名はありません。
Aeschynanthus tricolor belongs to the family Gesneriaceae (the African violet family). It is an evergreen shrub that is native from the Malay Peninsula to the Sumatra and Sarawak Island. This shrub is epiphyte that usually grows on the tree trunks or rocks, and droops down its long branches. The leaves are ovate, leathery and arranged in opposite. The small, red, labiate flowers bloom at the axils and branch tips all year round.
[上] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp