アガウェ・アッテヌアータ (初緑)

Agave attenuata

Agave attenuata

Agave attenuata

Agave attenuata

Agave attenuata

Agave attenuata

Agave attenuata

メキシコ中部の山地に分布していますが、自然にはまれにしか見る
ことができません。木立を形成して、高さは1.5メートルほどになりま
す。花は10年以上成長してから。2〜4メートルもある花茎を伸ばし
て、総状花序に黄緑色の花を咲かせます。園芸上は「はつみどり(初
緑)」と呼ばれます。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年草で、学名は Agave
attenuata。英名は Fox tail agave, Swan's neck agave 。
Fox tail agave belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen
perennial herb that is distributed in the mountains of central Mexico, though
it is rare in nature. This succulent herb form clumps and can reach about
1.5 m in height. Blooms only when the plant is 10 years old or more. The
flower stalks are 2-4 m in height with yellowish-green flowers on racemes.
[上・中1] アメリカ・ハワイ州「マウイ島」にて、
2001年04月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2009年06月07日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[中5] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年05月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp