アガウェ・フレキスピナ [Index] [Back]

Agave flesxipina

Agave flesxipina

メキシコの中北部、チワワ州からドゥランゴ州、サカテカス州に分布しています。標高1400〜2200メートルの岩の多い斜面や草原、林内などに生えます。葉は変化が大きく、黄緑色で長さ15〜30センチ、葉の縁は鋸歯があり、先端は3〜4センチの褐色から灰色の棘になっています。葉は小さなロゼットを形成します。円錐花序がでて、高さは2.5〜3.5メートルになります。6月から7月ごろ、円錐花序の上部に緑色から黄色の花を咲かせます。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の多年草で、学名は Agave flesxipina。英名はありません。
Agave flesxipina belongs to the family Agavaceae (the Agave family). It is a perennial herb that is native to central-northern Mexico; Chihuahua, Durango and Zacarecas. This herb grows on stony slopes in grass and forest land in 1400 to 2200 m altitude. The leaves are variable, yellowish-green, 15-30 cm long, with serrated edges and ending in brown to gray spines of 3-4 cm long. They form a small rosette. The panicle is borne, and it can reach 2.5-3.5 m in height. The green to yellow flowers bloom in the upper part of the panicle from June to July.
アメリカ・ネバダ州ラスベガス市にて、2009年01月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp