アガウェ・カルウィンスキー (為朝)

Agave karwinskii

Agave karwinskii

メキシコ南部のオアハカ州、プエブラ州それにベラクルス州に分布し
ています。標高1500〜1800メートルの山地に生え、幹を形成して
高さは5〜6メートルになります。園芸上は「タメトモ(為朝)」と呼ばれ
るようです。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年草で、学名は Agave
karwinskii。英名はありません。
ニューヨーク「ニューヨーク植物園」にて、2004年03月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp