アガウェ・マクロアカンタ (八荒殿)

Agave macroacantha

Agave macroacantha

メキシコの南部、プエブラ州からオアハカ州に分布しています。乾燥
した地域に生え、多肉質で、直径60センチほどのロゼットを群生しま
す。葉は粉白色を帯びた青緑色で堅く、縁には黒い棘があります。
15年以上が経ったころ、長い花茎を伸ばして緑色がかった花を咲
かせます。園芸上は「ハッコウデン(八荒殿)」と呼ばれます。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年草で、学名は Agave
macroacantha。英名はありません。
Agave macroacantha belongs to Agavaceae (Agave family). It is a
succurent evergreen perennial that is native to Puebla and Oaxaca, south
Mexico. This agave occurs in arid areas and forms clumping rosettes to 60
cm in diameter. Leaves are stiff, powdery bluish-green with black spines.
When the plant is 15 years old or more, greenish flowers are born on the
long stalk.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp